薄毛の旦那へミノキシジル!次はプロペシアを差し入れ予定

薄毛治療の育毛剤

これから薄毛の治療をスタートしようとお考えの方の手助けになればと思い、ここでは現代の育毛剤の中でも代表的なふたつのものをおさらいしてみましょう。

まずは定番にして基本のプロペシアです。
手軽な内服薬のプロペシアは、フィナステリドという有効成分が男性ホルモンの働きを抑えて、髪の毛が抜けたり細くなったりするのを食い止めてくれます。
継続することによって次第に効果を実感できるようになるプロペシアですが、病院や専用のクリニックでは高額なのために、海外通販サイトなどから購入可能なエフペシア、フィンカーなどのジェネリック薬も愛用者が多くいらっしゃいます。
副作用としては性欲減退、精力減少、身体の女性化、睾丸の違和感などがあります。
また女性は使用が禁止されているので、女性や子供の手の届かないところに保管しましょう。

続いてはミノキシジルで、これも日本でメジャーな育毛剤、大正製薬リアップの成分としてすでにおなじみかと思います。
もともとは血圧を下げるための成分として開発がされていたのですが、臨床試験から多毛の作用が判明し、育毛剤の成分として使用されています。
リアップX5の成分量は日本で認可されている最大量の5%ですが、海外の製品では10%を越えるものもあり、海外通信販売サイトなどから購入が可能です。
日本で認可がされているものはリアップのような薄毛の部分に塗布をする液状のミノキシジルですが、身体の内部から有効成分が吸収されるタブレットタイプのほうが高い効果があるとされていています。
タブレットタイプのミノキシジル、通称ミノタブは日本で認可されていないため、海外通販売サイトなどを利用して購入されている方が多いようです。
ミノタブは2.5mg、5mg、10mgの成分量のものが流通していますが、成分量に比例してむくみや動悸、全身の多毛などの副作用も強くなるので、まずは5mgのものから服用を始めるのが推奨されています。